2008年03月26日

寄付のすすめ

発展途上国、また内乱の国では、毎日沢山の子供たちが、食料、薬がなくて、死んでいます。
当然、きちんとした教育を受ける機会すらありません。
苦しい生活のため朝から働かざるを得ない子供たち
貧しさゆえに義務教育も行かせてもらえない子供がいっぱいいます。
例えば、カンボジア人の月収は約20〜30ドルくらい。
1ヶ月で3000円ですよ、子供の小遣いみたいですね。

例えば、1万円ありますよね。
それを発展途上国に送れば、1年間学校に通えます。
きちんと教育を受け、その子の人生を劇的に変えることができる可能性もあります。

ポイントは些細な額で人が救えるということです。
勉強をする機会すら与えられてない子供がいるわけで、
これはあってはならない、というのが自分のポリシーなんです。
10万でブランドの財布買うよりも、10万を発展途上国の学校に寄付したほうが、
はるかに有効だと思うんだけどね。

なぜ、お金を持っていながら寄付をしないんでしょうか。


寄付をするにあたっていくつかポイントがあります。
例1
昼飯を抜いて、その分のお金を発展途上国に寄付しよう。
裕福な自分が貧しい人たちのために、一食分差し出すのは当たり前のことだ。

一見すばらしいことなのですが、間違いです。

もし昼食(1000円とする)を食べていいコンディションで、
食べない時より2倍の仕事をしたとします。
いつもなら5000円しか生み出さない仕事で、10000円生み出したとしましょう。
5000円利益が増えたことになります。
その利益分を全額寄付すれば、昼食抜きのときよりも5倍になるのです。

あくまで極論ですが、何をいいたいかというと、自己犠牲じゃたいした効果はない、
ということです。

例2 仏法説話
むかしひとりの行者様が旅の途中、疲れ果てて倒れこんでしまいました。。
その旅人を見つけたキツネとサルとウサギが、なんとか助けようと頑張ります。
キツネは川へ、サルは木の実を取りに森に出かけいきました。
ウサギは、あちこちから木切れを集め、旅人の近くに積んで
火を起こそうとしたのですが、うまくできませんでした。
結局意識が戻った旅人が火をつけました。
出かけていた、サルとキツネはたくさんの木の実や魚を持ってきました。
しかし、ウサギは何もすることができなかったのです。
その時ウサギは言いました。
「私も差し上げられるものがあります。どうぞお受け取りください。」
そう言ってウサギは火の中へ飛び込みました。

一見すばらしい話ですが、そのウサギは自己犠牲をしたため、
一人の旅人しか救えませんでした。

もしそのウサギが自己犠牲をせずに、
おいしい食べ物を持ってくるスキルを後々身につけたなら、
そのあとに来る100人の旅人を救えたかもしれません。

つまり自己犠牲よりも他人を助ける方法はたくさんあるということです。


・案内
チャイルドスポンサーシップなら、月々たった4500円で、貧困に苦しむ子供を1人救えます!
一日あたりならたった150円、ペットボトル1本分にすぎません。
http://www.worldvision.jp/child/index.html


自分はこの前残高の端切れを寄付しました。
額にすれば5万ぐらいだったでしょうか。
失業中の30代の人に5万など一時的な金にしかなりませんが、
発展途上国の人にとっては、かなり有効だと考え寄付しました。

しかし寝る前になって自分はものすごく後悔しました。
お金が減ったから後悔したのではありません。

もし5万を使って100万を稼ぎ、それを利回り5%で運用すれば、
毎年5万寄付できたじゃないか。
100万を1000万まで殖やせば毎年50万
1000万円を1億円まで殖やせば毎年500万寄付できたじゃないか。

と後悔したのです。


自分はずっと小遣いを貰ったことがありませんでした。
年始のお年玉を年間の予算としていたのです。

いつもより多いときはとっておき少ないに補充し、
途中で入る特別予算をすべて紙に記録して、
全部やりくりしていました。
あの月は出費が多いからこうしようとか。

中1になって、初めて自分のパソコンを購入します。
お年玉を全額使って中古のデスクトップパソコンを買いました。
ワードとかエクセルとかいじりまくった覚えがあります。

その後ホームページを作りました(今は閉鎖)
そしてアフィリエイトというものを知りました。
やってみるもこれがまたぜんぜんお金にならなくて、
最初の月の金額は200円ぐらいでした。
でもそれでもうれしかった覚えがあります。
部活が終わって家に帰ると、即効パソコンの電源を入れて、
稼ぐ方法を模索しました。

半年後ぐらいでしょうか、合計金額が5000円を超えて支払い対象になったのです。
親の口座に振り込んでもらい、5000円ゲットしました。
その5000円でレンタルサーバーとドメインを借ります。
無料ホームページスペースだとどうしても広告が入ってしまい、
それが収入を下げているのではないか、そう思ったんです。
結果うまくいきましたよ、その2ヵ月後から毎月5000円ぐらいになったのです。
5000円払ったら、毎月5000円入るようになったんです。

そんで中2のころ初オークション。
あるオークションとあるオークションで、
まったく同じ商品の相場が2000円も違ったのです。
5000円で買って7000円で売れるじゃん!
そう思って親に頼んで登録してもらい、やってみると、わお儲かるじゃん!的な感じでしたね。
あったお金すべてで、5000円のものを買い、7000円で売る。
そうするとどんどん増えるんですよ、お金が。
毎日3個売るだけで手数料差し引いて5000円ぐらいですからねぇ。
3個売るなんか1時間でできるし、自給5000円ぐらいでした。
1ヶ月ぐらいで他の人が気づいたのか、相場が同じになってしまいましたけど。
こんなことやってたから、中学校のころ一切勉強してなかった気がします。

5000円が毎月5000円を生み、その合計ウン万円が、
ウン十万円を生んだわけですよ。

ここでのポイントは、お金がお金を生むんです。
コツコツ貯金したってお金はなかなかたまらないんです。

お金がほしかったら、
お金のために働いて、お金を殖やすのではなく、
お金を働かせて、お金を殖やさなければいけないんです。


つまりある程度投資をして、ビジネスシステムを構築すれば、
それが稼動する限り、半永久的にお金を生むわけです。


自分がもし、最初に稼いだ5000円を寄付してしまっていたら、
自分がこれからするもっと多くの額の寄付はなくなっていたでしょう。

人助けをしたいならば、自分を削る、「lose-win」ではなく、
自分も利益を得られるような「win-win」の構造が必要なわけです。


自分は、将来お金持ちになって、貧しい地域に孤児院や学校を作ろうと、
わりと真剣に考えてたりします。

当然学校を作る時もwin-winの構造、
すなわちお金を貸す形で学校で教育させて、
自分の力で自分の未来を切り開けるような子供を育てて、
利息つけてお金を返してもらうわけですね。

魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えたいんです。


マイクロソフトのビルゲイツ氏はえげつないやり口のビジネスをたくさんやってきました。
そうしたことで、財を築き、慈善事業に投入しています。
金の亡者と叩かれまくった村上ファンドの村上世彰氏もNPOに多額の寄付をしています。

世間から金の亡者と非難されているような人たちのほうが、
逆に膨大な私財を投じて慈善事業を行っているのです。

私は高校生だけども、ぶっちゃけ金の亡者ですよ。
人は非難するかもしれません。醜いと。
そんなの所詮きれいごとですよ。
お金がなくてどうやって人を救えるんです?
それは自己犠牲で救うしかないんですよ。

自分に十分の価値を蓄えれば、自分の中から価値があふれ出して、
他人に分け与えられずにはいられなくなる。

価値を蓄えるにはどうすればいいか、やっぱ勉強ですね。
いろんなことを勉強しよう、これが自分のポリシーです。

臓器提供なんかも自己犠牲なので自分はするつもりはありません。
そもそも人の臓器まで取り入れて生きながらえるなんて、
あんまり理解できない。


自己犠牲をして人を助けるのか、それとも犠牲にせずに人を助けるのか。

あなたはどちらですか?
posted by 藤 at 21:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

土手焼き



ちなみに前の記事の画像は今日庭のプチ土手焼き(あぜ焼き)をしたときのものです。

枯草を燃やす事によって害虫や害虫の卵駆除する事ができるわけですね。
右手にライター、左手にじょうろでばっちりです笑
posted by 藤 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




自分は仏教信者ではありませんが、
炎が煩悩を焼き払うというのは非常に理解できます。

炎には、すべてを浄化する力がある、そんな気がするのです。
posted by 藤 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたは



迫り来る炎から身を守る術はありますか。
posted by 藤 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒り、憎しみ

P1010573.jpg

憎しみも怒りも元をただせば自分の欲望なのかもしれません。

「ひどい奴だ。どうしてこんなことをするのか」とか、「なぜそんなことを言うんだろう」といった思い、
それは、相手が、自分の思った通りでない、
つまり、自分の思いどおりにならないことへの不満、すなわち欲望なのかもしれません。

「自分が正しい、自分が善だ。」と思わなければ、
憎しみの炎というものは燃え上がらないものなのかもね。
posted by 藤 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

無期懲役

まだ世の中のことを知らない幼い仲の良い子供2人を殺害して、
無期懲役の刑ですか。普通死刑だろう。

「おかあさーん、助けてー」と叫びながら彩香ちゃんは川に落ちていったんだろうね。

2人殺しても意味の分からんことを並べ、
同情誘うような言葉を並べりゃ無期懲役ですむんだって話ですかねぇ。

まぁ、こいつ演技やってるのかとずっと思ってたんですけどね、
違うのかなって最近思えてきたよ、まじで。
勝手にやってないと思い込んじゃったわけで、
思い込んだからには本当にやってないと思ってるから、
涙でもなんでもありなわけだねぇ。


どっちかは知らないけど。


それと、一番問題なのが、日本の裁判官は、
女性に極刑を言い渡すことに躊躇する裁判官が多いね。

死刑判決を出す勇気、自分の手を汚す勇気とでもいいましょうか、
それが裁判官にないんでしょうね。
「どうすっかな。まだ若いし、女の人だし死刑はちょっとなぁ。
一審だし、とりあえず無期出しといて、あとは二審か三審のヒトが死刑出してくれれば…」

って感じじゃないんですかね。
人が人を裁く、ってのはとても重いことなんですよ。
だからこそ、裁判官として勇気を出して決断してほしかった。
posted by 藤 at 22:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

円高

ついに1ドル95円ですね。

こんな時に、お金持ちと貧乏の差がよくわかります。
知識もない、お金の余裕もない素人は、
「これ以上の円高はない」と勝手に予測して、
今ドル買って120円で売れば大もうけだ!って投資するわけですね。

為替は生き物ですから、そういった判断は命取りです。
そうやって損をするわけですね。

今の状況から言えば、少なくても「買い」じゃない「売り」だ。

つまり貧乏人は面白いくらい皆発想が同じなんですよ。
そうやって素人個人投資家が為替の食い物になるわけですね。


今95円で、これ以上円高しないだろうと予測して買う人たくさんいると思うけど、
サブプライム問題もまだまだ序章だぜ?
円高の底なんかまだまだ見えない。

少なくても80円台は確実だと思う。
ひょっとすると60円台ものぞくかも。

特効薬の公的資金をぶち込むしかないわけだが、
サブプライムに関して、それで底が見えるか?という問題だ。
見えないだろうな。

しかもアメリカ国民の金を使うわけだからなかなかできない。
しかも住宅価格暴落によるアメリカ人の国富、消費量減少がある。

いずれにしても、95円で円高が止まるかと言ったら NO だ。
posted by 藤 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

1ドル100円突破

ついに、1ドル100円切っちゃったしちゃったねぇ。


ちょっとお金がほしいから、本当はやりたくないけど、
ドル買いしようかなぁ、なんて思うけど、
90円ぐらいまで下がりそうな気がする。


大打撃だね、これは。
しかもこの円高は、円が強いから起きているというわけじゃないしね。
円もドルもくたばっているが、円の方が多少ましという意味合い。

同じ数字であっても意味が違うわけで、
この状態が続くと輸出産業のみならず、
輸入する産業(通常は円高の方が好都合)でさえもダメージを受けるだろう。


最近の為替は投機で動くからね。
素人の面白半分で飛びつく人、暇な主婦、その他もろもろの、
儲けることしか考えてない、売買が為替を動かしてるわけだねぇ。
クローズアップ現代とかでやってたFXで一夜で1000万ぐらい失った主婦とかいたしね。

つまり実態経済を捻じ曲げる、投機。

通貨でも原油でも、投機を原因とした極端な価格変動は、どれもバブル。
怖いのは、規模によらず、結局バブルは結局はじけて、混乱になるってこと。
実体経済をはるかに超えた金融というモンスターが、
生みの親でもある資本主義を破壊しかねないってことなのさ。


追記:中国は今典型的なバブルですね。
必ずはじけます。このまま成長できるわけがない。
GDPが増えてるからって中国に投資してる人は今のうちに撤退したほうがいいですねぇ。
posted by 藤 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

環境問題

もう環境問題とかどうでもいいって思いませんかー?

めんどくさくてしょうがない。

二酸化炭素ウン万トン削減!とか言ってるけどさぁ、
果たして、その削減したウン万トンでどのくらい効果があるのって話。

10万トン削減すると、地球温暖化にどのくらい効果を与えるのかなんて、
一度も聞いたことないしね。

数字に騙されちゃいけない、効果を見ないとさ。
削減した効果がどの程度かも知らずに、
「10万トン削減した!」なんか言ってもただのアホでしょ。

ヒネクレ者の自分は、火山の噴火が起こったらニヤってしてしまいますよ。
お、二酸化炭素削減の努力が全部無駄になったじゃん!はは!ってさ。笑



要するに、無駄。それ以外の何者でもないので、
二酸化炭素削減うんぬんは私は気にしません。

具体的な効果がわかったら、するけどね。
どうせ、すべては金ですよ。

お金が関わってるから大げさに報道して、無知な大衆が飛びつくわけ。

しかもか、日本がやる必要ないでしょ。
日本が一番進んでるんだからさ、やるんなら中国とか減らさせればOK。


思いつきで書いてみました。信憑性のない記事です。
posted by 藤 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

投資

さて、今後の株式市場ですけど、
資源、省エネ、環境は買われる銘柄なんですね。

で、自分が一番期待してるのが、ディーゼルエンジンなんですよ。
ほらトラックとかの黒い煙モクモクのイメージ漂ってる。

一般の人だと、ディーゼル=汚い のイメージしかありませんけど、
今のディーゼルエンジンの技術はかなり発展してるんですよ。
あの黒いすすなんか殆ど出ません。

しかもか、燃費がガソリンエンジンに比べて1.5倍。
欧州は乗用車の半分ぐらいがディーゼルですよって話。

まぁなんで日本で普及しないかというと、
あのバカ都知事が余計なことして、ダークなイメージを植えつけたせいなんですよ。


そんなわけで、あと3年後ぐらいには結構な数のディーゼル自動車が出てくると思いますね。
そんなわけで、今のうちに関連企業の株を買っておきます。

ディーゼルエンジンに欠かせない装置を製造してる企業なんですが、
今後国内の需要が高まれば、株価も右上がりのはず。
長期投資で行きましょう。

米ドルとか全部換金して、全財産の8割ぐらい使って購入したいと思います。
posted by 藤 at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

卒業式

今日、自分の高校の卒業式だったわけなんですが、

某大臣が高校に来たんですよ、SPを2人連れて。
その大臣は、まぁ自分の高校のOBなわけなんですよ。

で、喋るじゃないですか、そうすると内容めちゃくちゃ。
コイツ馬鹿だろ、と思ってしまったのは秘密です。


で、なんでそんなバカが日本を担う大臣をやっているかという問題なんですが、
あれですね、たぶん逆転の発想があるんだろうと思えてきました。

今の官僚ははっきり言ってめちゃくちゃ頭いいですから、
普通の政治家じゃ、勝てないというか、まぁそんな感じなわけですよ。

頭のいい官僚にコントロールされる大臣じゃ仕えないと来たら、
ここは逆転の発想でバカな大臣を使えばいいんじゃないか、と。

バカな大臣は、何をやらかすか予想できませんから、
返って官僚に対して、対策になってるのかもしれません。

今思うとアベシンゾーが総理大臣になったのも、
こういう理由だったのかもしれませんね笑
posted by 藤 at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

カラクリ

自分はいつもいろんなガソリンスタンドを転々としながら入れてるわけなんですが、

現在自分の地域は148円ぐらいなんですよ、リッター。

それで、なななんと141円のガソリンスタンドを見つけたので、
最近そこで入れるようになったんですが、
141円のカラクリがあったんですよ、って話です。

Untitled1.jpg

Untitled2.jpg


この2つの領収書を見ると、前者のほうがリッター141円で安く感じます。
っつーか6円の違いだね。

それで、自分は思いっきり騙されました(?)

なんか数字がおかしい気がしたので計算してみたんですよ。

844÷5.7=148.0701
876÷5.96=146.97

あれえええ、って感じですね、後者のほうが安い。

つまり前者は税抜き表示だから安いんです。
後者は税込み、なので当然あれですね。

自分は思いっきり税込み141円と勘違いしてたわけです。
だって今ほとんど税込みじゃん。

というわけで、騙されました。自分としたことがっ。


でも、まぁそのガソリンスタンドおつり適当なので、
844円で、1000円出すと、860円返ってきますからね笑

やる気ねーだろって言いたくなります、はい。笑
posted by 藤 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。